今月の素材(平成16年10月)

米(ばら寿司)
もう1回お米です。米を使った料理といえばなんといってもお寿司。
寿司飯にお刺身があればOKなんですが、今月はちょっと豪華にばら寿司にチャレンジ!
パーティーなんかには最適ですね。

 

ばら寿司

・ちゃんとは知らないのですが、岡山でばら寿司とか、ばらちらしとかいわれて作られているものと聞いています。
 いろいろなものを混ぜ込んで見た目も味もばっちり!
@材料:穴子数匹、しいたけ、にんじん、ツナ缶、 えび、
 卵、かんぴょう、きぬさや

 穴子は煮る前に洗ってぬめりを取るんですが、まな板に
 並べて熱湯をかけ、白くなったところを包丁の背中などで
 こすって取ると簡単です。
A水と酒で穴子を煮ます。砂糖としょうゆで味付けして、
 20分くらい煮ればOKです。混ぜ込む前にオーブン
 トースターで軽くあぶります。
 面倒なら市販の焼き穴子や白焼きを利用してください。
B寿司飯を作ります。米1合に酢20ml,砂糖大さじ1/2、
 塩小さじ 1/2(13年9月鰹も見てね)。
 ツナ缶に卵、砂糖を入れて作ったおぼろ、甘く煮たしいた
 け、にんじんのみじん切りを水、塩、砂糖少々で煮たもの、
 煮てきざんだかんぴょう、きざんだ穴子、いりごま、それに
 たっぷりのもみのり(1合に1枚くらい)を混ぜ込みます。
A茹でて千切りにしたきぬさや、金糸たまごをたっぷり
 のせて、茹でたえびをかざりに。
 見た目もうまそうですね。
B今夜の食卓
 ばら寿司、刺身(本まぐろ、しめ鯖、塩水うに、いか)
 
 秋の夜長にひやおろしで乾杯!(やっぱり日本酒)