◆ 2003.07
  「歯周病と全身の関係」
 口の中の細菌、特に歯周病を引き起こす細菌が全身にさまざまな影響を及ぼすことが分かってきました。
 特に関係が深いのが、「心臓病」、そして「肺炎」です。まさに命にかかわる問題です。そのほかにも、「糖尿病」「高血圧」、さらに「異常出産」(低体重児、早産) などとの関連が報告されています。
 毎日のブラッシング、歯周病の治療、定期的なクリーニング、義歯(入れ歯)の清掃などがやはり大事です。
 
 
      【戻る】