◆ 2003.09
  「タバコと歯周病」
 喫煙は本人のみならず周囲の人の健康にも様々な影響を与えることはよく知られていますが、歯周病にも深い関わりがあることはご存知でしょうか?
 喫煙者が歯周病にかかると非喫煙者に比べ重症化しやすく、また非常に治りにくくなります。そのため禁煙というのは歯周病の治療にもとても効果的です。
 今はニコチンパッチやニコチンガムなど禁断症状によるイライラなどをなくし、無理なく禁煙できるものがあります。意思が弱くて禁煙ができないという方にはお互い励まし合いながら禁煙を続けていく禁煙マラソンがインターネットで1年に2回開かれています。( http://www2u.biglobe.ne.jp/~kin-en/ ) 興味のある方は是非アクセスしてみて下さい。当院でも禁煙に対してのサポートを行っています。
 
 
      【戻る】