インプラントとは?
   歯科で行うインプラント治療とは、歯が無くなってしまった部分の歯ぐきに新しく人工の歯を植え、固定式の歯を入れることによって、もとの自分の歯と同じように食べ物を噛めるようにする治療方法です。「とりはずしの必要がなくなる」「隣の歯を削る必要がない」ことが最大の利点です。
 インプラントは歯の治療以外でも、骨折治療や人工関節など、広く応用されています。素材は体にとって無刺激で、体に良くなじむ性質のものが使われています。インプラント治療は、臓器移植と違って拒絶反応などの免疫的な問題や感染の心配はほとんどありません。
 
   
  治療前   インプラント治療後  
   
  治療前   インプラント治療後  
         
 インプラントの材料
   インプラントは医療用の純チタンでできています。
 インプラントの素材にはセラミックなど多くの種類がありますが、純チタンはインプラントの材料として長い歴史をもち最も安全性が高く、治療結果が良いといわれています。チタンは外科の分野でも骨をつなぐための部品として、また心臓用ペースメーカーとしても使用されています。
 歯科で使われるインプラントは、身体の他の部分に使われる物と違い、アゴの骨と一体化し歯ぐきの粘膜とくっついたうえ、ものを噛む力に耐える強度をもち、口の中の変化(熱いもの、冷たいもの、酸性、アルカリ性の食べ物)におかされず、体の組織に害を及ぼさない材料でできていなければなりません。
 インプラントの形状は、天然の歯と違いますが多くの学者や技術者が科学的研究を行い特別なデザインになっています。
 
         
このような患者さんにおすすめです
  ◎入れ歯(義歯)がガタついたり、気になって食事がまずい。また思うように噛
  めずに食べるものが限られてしまった人。

◎入れ歯が動くため発音、発声がおかしくなり、しゃべりにくくなった人。
◎営業職、調理師、タレントなど職業的に入れ歯では困る人。
◎入れ歯を入れることが精神的に負担になっている人。

◎事故などで歯が折れたり、抜けてしまった人。
 
         
 インプラントの手術は?
   局所麻酔で大体1時間以内でインプラントの埋入手術は終わります。術後の腫れや痛みはほとんど無く、仕事や日常生活にさしつかえることはありません。  
 

 
P.M.T.C. ホワイトニング